20年の歴史

では、反省を含め過去を振り返ることからこのサイトをはじめよう。

20年ほど前に会社を設立し、IT系企業として、世の中にない新しい物を複数産んでるネットベンチャーとして、波に乗りかけ調子に乗ってたこともあった。事業規模を年々拡大し、増資や国内外関連会社設立と結構調子にのって事業展開してきた。

だが!しかーし!落とし穴はあった。「サブプライム問題」にて、IT系開発事業の案件激減。

hard2

そもそも、「サブプライム」でなんで案件が激減したかというと、上場企業は、世界的に株価が乱れる中、自社の株価を維持するため、リストラ不要在庫の処分を行った。その中で、IT系の上場会社は、人材が不要在庫になる可能性が高いため、外部の受注をなるべく内製開発で行うよう動いた。

まさに、その動きを行った企業からの案件が多かった、僕の会社は一気に売上が減少した。

そのタイミングでの僕の判断は「うちには海外展開している事業がある」と確約のない自信があった。

 

同じように、不要在庫の処分を行ったいたらと、今になったら反省している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です