旅の終わりに。

旅の終わりに。

ようやく、僕の小旅が終わった。

一人の時間はやはり想像以上に、孤独だったことは確かだ。

東日本大震災被災地をめぐり、復興過程の地で勇気づけられ

絶景の景色に心が洗われた。

 

人間、一人では生きられない。

一人でやれることは、単純なことだけというのは改めて痛感した。

複雑なことをやれば、その反面大きい喜びが訪れる。

どっちを選ぶかは自分次第。

 

複雑なことをやっていこう。

その先の困難と喜びを得るために。

旅は終わった。

 

 

 

この小島で当分の間、ゆっくりしたいと思う。

 

ついに今年も最後。今年は人生の区切り年だった

区切りになった一年振り返る。

本当にこの一年は

天国と地獄

前半数年分の冬眠があけ正常稼働できる勢いはあった。

それが、未入金から始まり、会社は固着

なすすべもなく、倒産、破産の方向に向かっていった。

あっけないといえばあっけない終焉を迎えた。

なんの準備なく破産へ向かったから、

すっからかんで手続きを行うことになり、

まるっきり、金目の物は手元に残らず、直進するしかない状態。

幸い、金に関しては僕もカミさんも

 

あってもなくてもどちらでもいいや!

 

という性格なので、現状、生活出来ている。
後半は、カミさんが現実の理解に苦しみ、

僕に当たりまくった。

殴られ、蹴られはしなかったが、何をやるにも文句をつけられた

あたりまえの行動だと僕は理解していたが、

カミさんが僕とこれからも一緒に暮らすことが幸せなのか

という考えに至ってしまい、数カ月背を向けてしまった

背を向け、離婚し離れることを考えた僕。

現実に対するストレスと闘いながらも家族を守ろうとしているカミさん。

僕が今年、倒産、破産より、一番反省しなければいけない点だ。

どんなことがあっても、

家族はつながっている。

改めて感じさせられた。

今年の最後に改めて、来年に向けての考えを記しておこう。

  1. どんなものからも家族をまもる
  2. 過去の過ちは正すが、過去は振り返らない
  3. 倒産させた会社より大きく稼げる会社を作る

これはヤル。

今日は寒い。しゃぶしゃぶ行った。ニックネームは?

ニックネームは?

やっぱり肉!だよね。

肉いっぱい食ったあと、

クーポンサイトのニックネームは?

カミさんに聞かれた。

即!!と答え、苦笑いのアホ扱い

そんなやり取りも、ここ最近やれていなかったからなんだか嬉しい感情が!

最近またできるようになったアホトーク

 

平凡が一番」というのはやはりこういうことだろう。

ただ、平凡な生活をおくるため、非日常の生活(仕事)を来年はやる。

もう今年は残すところ2日。

正月は何もかも時間が止まる。

それまでに嫌なことは、今年中に投げ捨ててしまおう

どこに捨てに行こうかなっ。

まさにピーターパン。子どもと一緒。

 ピーターパンのようには生きちゃダメ?

これだけ現実の重圧に押されながらも、

まだ夢見る少年。

もう。変わんないな。。。

何が正解わからない状態で、

  • 現実を追っていくことと
  • 夢を追っていくこと

チョイスは確実に 夢!  夢! 夢!

早いとこ、来年に向けた種付けしておこう!

やはり、僕の人生は。

夢と希望と野望!だな!

夢無くして人生はない。

 

という感じなことは確かだ。

周りの人はハラハラドキドキなのは最近わかってきたが、

やめられそうにない。

皆さん。どうも申し訳ありません。

僕は変わることはできそうにないです。

 

 

疲労困憊。そして自責の念。たまらない。

今日は自責の念に襲われている。

最近以前にもまして、頭の中がカミさんでいっぱい。

確実に結婚を決めた数十年前より増して好きになっている。

だけど、津波のように自責の念、自分の愚かさも重なり、

抱きしめたいけれど

 

「苦労をかけているのは、お前のせいだ!恥ずかしくないのか?」

押さえつける自分がいる

 

頭がおかしくなりそうだ。

いっそ、元からおかしい頭が治ってほしいところだ。

まごまご悩むのは今年でやめよう。

もう、数日で今年が終わる

今年のゴミは来年に持ち越すのはやめよう。

人生。夢うつつ。残りの人生の楽しみ方。

人生。夢うつつ。

残りの人生の楽しみ方について考えてみた。

ちっちゃいころから、人に迷惑をかけてきた。

今現在も人に迷惑をかけている。

人生?って?

なんだか

フワフワ??している。

僕の感覚雲に乗って流れていっているよう。

 

夢の中では、何気ない日常

最も幸せな気分なのは確かだ。

 

サンタさんが送ってきた

ボードゲームを囲む一日は最高だった。

 

僕は、いつの間にか、白髪も生え、シワも出てきた。

夢うつつ。なのであれば。

どうせ。夢なら、残りはエンジン全開で行こう。

 

何気ない日常時間を作るために

 

そして数年後今日の気持ちを忘れないために。

ついに。破産申し立て。今日の心境。

ついに。

破産申し立て

今日の心境は、意外と

晴れやかだ。

しかも、絶景!

朝焼け!

再スタートは何から始めるか!

来年勝負だな!

意外と0から1を生む作業は嫌いじゃなく得意な方だから、あまりプレッシャーはないが、どの職種でどの事業を行っていくかをしっかりと選択しないと、お金を生む時間がかかることは確かなので、じっくり行こう。

 

 

 

 

 

破産手続き開始まで数週間。

何があるのか?

未知の領域へ踏み出したことは確かだ

Boys, be ambitious like this old man.

で行こう!

僕はどっち?若者?老人?

まぁ両方だろう。。。

おばあちゃんが入院した。ショック。

おばあちゃんが入院した。

結構な高齢だから、元気いっぱいのほうがおかしいが、ショックだった。

 

ばあちゃんっ子だった僕。

 

 

ひどくワルガキだった僕に対して、いつも愛情をかけ接してくれていたおばあちゃん。

悪さをして、両親に怒られているとき、全く違う方向から僕と僕の行いを観察し、方向を示してくれていた

 

 

 

ここ数年、「体調が悪い悪い」と本人は言っていたが、

僕はまだ、元気でいてほしいと思っていた。

 

そして、今、僕が最悪な状態なのをいつも心配して

 

 

「あんた大丈夫?頑張んなよ」

と顔を見るたび声をかけてくる。

「大丈夫。1年もすれば復活するよ!」

根拠のない自信を含めた返答を最近していた。

ほんとの復活が完了するまで、元気でいてほしいと切に願う。

 

おばあちゃんのすきな「相棒」の映画がそろそろ始まる。

相棒の映画はおばあちゃんと毎回二人でデートしている。

食事と映画のコースだ。

おばあちゃんの好きな、ステーキ食べて、映画を見に行く。

相棒Ⅳ」が2月から始まる

それまでに体調よくなって欲しいと願う。

痛む心のあと。心が洗われた。人の強さ。

今日、東日本大震災の傷跡の残っている、

南三陸に足を運んでみた。

 

町に入るなり、ダンプカーの往来の多さに圧倒されたが、45号線を下っていくと、残土処理施設ではなく、あたり一面整地していた。

海抜10メートル以上はあるところに至っても整地をしている。

当時の状況は僕は知らない。

 

だが、海の上は海苔漁の

ブイが湾いっぱいに広がっている

海側だけ見れば、大震災があったの?

と言えるレベルだ。

 

東日本大震災で僕のビジネスもほぼ壊滅してしまったと思っていた僕は、今日の今日まで「震災のせいで僕の運がなくなった」なんてことを考えていた。。。

 

今日。僕はそれは震災のせいではない。僕の考えは間違っていると確信した。そして反省した。数年前20年上の先輩が僕に言ったいた、「人は死ぬまで生きていく」という言葉が脳裏によみがえった。その先輩は去年なくなった。

 

 

自分の行いの甘さのせいで全ては崩壊した。

これが現実だ。

南三陸の漁場の海に浮かぶ、ブイの多さに

人の強さを感じた昼下がりだった。

 

1週間ほどの旅の間。一人考える。何を?

先週頭から1週間ちょっと、一人で旅。

一人考える。

何を?

いまの僕が未来に向け、やることができるものってなんだろうか?

旅の間、考えることにしている。

といっても、今回は仕事を兼ねた小旅キャンプ用品車に積んで車で移動。

この小旅行に出る前、建設的なことをこれからやっていこうと決めて出発した。

たまたま今日は、半日近く時間が空き近くにイオンがあったから、映画を見に行った。

海賊と呼ばれた男

 

かなり、共感できる部分があり、一人泣いたそして泣いた

特に、映画の中で日田さんというおじいちゃんが言っていた、

男の苦労を背負いこんでくれるカミさん。

カミさんの苦労を背負い込める男は家宝者や

と言っていたが、まさに今、僕のカミさんは

背負い込んでしかも理解し協力している

そんなこと考えてたら、

また泣いた

成功と失敗は紙一重。

僕も、いい人たちとは出会っている。

僕自身の成長が遅いから今の事態となっていると反省している。

僕にも、映画で出てきた日田さんのようなおじいちゃん友達が複数人いる。

その中で特別仲良くしているおじいちゃん友達から映画を見終わった瞬間電話があった。

僕の状況を把握し理解してくれているおじいちゃん友達は、

僕が復活できる題材を用意してくれていた。

涙が出てきた。

今日は泣きっぱなしだ。

もちろん、涙は誰にも見せたくないから、一人でいる時泣いている。

まだ、旅の途中だが、今日時点で僕が思う

「一人で考える。」は

  • 争いは争いをした倍、自分に振りかかる。
  • 人に善い行いをすれば、人から善い行いがふってくる
  • 同じ釜の飯を食べた仲間は、一生の仲間
  • 一生の仲間が裏切っても、されど仲間
  • 年寄りを大事にする心

とりあえず。今日はこんなところだ。