小動物の生体?子供は感じてる?!

子供はすごい。

周りの空気を読むことに関しての能力は素晴らしい。

チビを今日じぃじ、ばぁばへ預けたが、なかなか言うことを聞かない。

とカミさんへクレーム??

じぃじ、ばぁばと顔をあわせたが、超ゴキゲン斜め。。。

おかげさまで、僕がカミさんから八つ当たりを受ける始末。

カミさんに、「じぃじ、ばぁばからの文句をきっかけに八つ当たりするなよ」といってしまった。。。

まぁ。後が大変。。。

ギャンギャン吠えまくり、なかなか収まらないから、便所へ退避っ!

そのまま就寝。。。

ふと目が覚めたら、チビが僕の横に

全然チビは普通だし素直。

結局、カミさんへ文句を言っているところを見ているチビはじぃじ、ばぁばは、自分の敵とみなしたことが判明。

そりゃあ言うこときかなくなるよ。というところがわかんないんだろうなぁ。

 

 

動物は本能的に味方、敵をしっかり分けれる。

特に感受性の豊かな少年少女は敏感だということを、年という時間の経過で忘れてしまってるんだろう。

または、自分が思っている事はみんなわかっていると自己解釈しているんだろう。

どちらにしても、経験を積めば積むほど自己主張自己解釈が強くなることは確かだ。

気をつけて生きていこう。

最も、大人子供の僕に当てはまるかどうかは定かではないが。。。

昨日もまたお小言 グウタラしてるわけじゃないのに。

 guutaraお小言day。

グウタラしてるわけじゃないのに。

 

 

 

love

やっとカミさんが落ち着いてきて、最近DVも受けず穏やかで和やかな生活を送っていた。目と手と言葉が優しくなったと思ったら、

今回は周りからお小言。。。

なぜ?今?また?しかも、もういっぺん?

承知しております。

一般的なこと。

やらなきゃいけないこと。

不登校

最近多めにやらなきゃいけないこと活動(家事)をしていたつもりでいるが、今回はチビの不登校から家事までつながった。。。

 

大黒柱

「大黒柱しっかりしなければ」

「大黒柱なんだから」

と。

「ハイっ!」

と返事はしたが、今はどうもしようもない。

まだ破産申し立てすらできてないし。

 

eraburuこれから、破産する僕が
「俺が大黒柱!エヘンっ!」

なんて

到底無理です。。。

 

さっきの「ハイっ」は未来の僕の「ハイっ」です。今では無いですとは言えなかった。

sasuga流石に。

チビの成績悪いのも、なんだか僕のせいになってきてた。

仕事ばかりしていた20年。

テスト結果と連絡みて、基礎ができていないと学校から。

周りから、僕が過去に勉強を見てやらなかったからと。。。

だって〜。教える頭ないじゃないかー僕にー。

そうだ。大学行こう。

大学教えれる頭になるかもしれないな。と思った今日でした。