破産!未来のために!連名 特許出願!?

破産!

そして未来のために!

特許出願!!

今日、息子と二人で考えた特許を出願してきた。

久しぶりの特許庁。電子出願で済ませることができるので、人が少ない??

まだ、僕は免責受けていないので、発明者としてのみ表記!

息子と連名特許!

今の僕を一番理解しているのは、息子たちだろう。

10代だというのに、自力で稼いで自分の食いぶち稼ごうとしている。

 

頭が下がる。

そんな息子たちに、今の僕ができることは

過去の遺産過去の遺物の中から、

厳選して

未来に繋げれるものを育てること

と確信している。

その一つとして特許だ。

過去に4点くらい、僕は特許出願している。

その中で、1つは権利取得した。

 

今では当たり前の技術ではあるが、

当時は考えつかない技術特許だった。

 

先読みすぎて実際の収入にはつながらず、僕の会社の破産もあって、昨年消滅させた。

 

今回は、先読みしていない特許なので、収入には繋がると思う。

ただ、今回は

弁理士に頼まず僕が最後の権利取得までやってみよう

と思っている。

 

と出るかと出るかは、

未来だけが知っている??

この特許取得次第で、

僕はアメリカへ飛ぶ!

再挑戦だ!

アメリカ人のエージェントが家族で来日したタイミングで、一緒にディズニーランドへいった。

その時、

「パテント取得後エンジェル捕まえてねっ♪」

と先週お願いしておいた。

誠実で、日本人よりも日本人している彼は、

「任せてください!」と強く答えてくれた。

彼も、僕の過去の遺産の一人だ。

人間は人とつながって常に生きている。

僕が進む未来の道。

一歩一歩進むたび、

過去の遺産過去の遺物を思い返してみよう。

きっと誰かと繋がるはずだ。

そして、これからも、

心のつながりを持ってこれからも人と接しよう。

と思った。

昼下がりでした。

英語で会話?えーまるっきり??

今日、複数の外国人バイリンガルの日本人

英語で会話した。

 

全然だめじゃん。

まるっきり話せなぁーい。

バイリンガル綺麗すぎだし。。。

緊張走る。。。

 

ショットバーではストレス無く話していた10代が嘘のようだ。。。

  • 単語は忘れ

  • 文法むちゃくちゃ

  • 話の内容理解できたけど、うまく返答できない

はい!中学生レベル!

 

自己採点。

 

あぁあ。

  • ちゃんと勉強しておけばよかった
  • 通訳つけずに海外企業と仕事しておけばよかった

と後悔の波が押し寄せる。

自己破産の身

学校行きたいんだけど。

なんて、今更・・・ い・え・な・い・・・・・

パンチ必須だな。

YOUTUBEで覚えてやる!

狂ったように見続けて、3ヶ月後ネイティブ普通に会話してやる絶対

 

ということで、また、更新サボったけど、

決めたこと!

その1!です。

 

俺には守るものがある!そう。男なら誰でもある

先日、僕の喧嘩相手プンプン鼻息荒げに、

「俺には守るものがある」

と言っていた。

彼には、仕事は定職がないから、多分家族のことだろう。

男としてそれは当たり前!

家族を守らない男は男じゃない!

とその時は思ったが、

まさに彼の言うとおりだ。

 

 

今の僕は、金銭面精神面家族を守っていないことを今まさに感じている。

 

 

 

打開までの道のりは険しいが、まだ僕には仲間と、僕のことを理解してくれ

今の苦労を背負いこんでくれているカミさんがいる。

いまさら地団太踏んでもしょうがない。

僕の関係者へ感謝をしながら、

ただ前と上を向いて歩いて行こう。

カミさん子どもたち満天の笑みを受けた生活がおくれる日まで、

持っている力をフル稼働していこう。

「自己破産するよ。」家族の反応。えーー

自己破産を決めた時の家族の反応

カミさん

 「今までのいらない膿が出ていいんじゃない」

こども

 「ふーん。で。つぎ何ヤルの?」

ちっちゃい方のこども

 「お金なくなっちゃうんだー」

概ね、というか、すべてお見通しで、みんな僕を知ってた。

ほぼ、あたりだった。

いつもと違う感じのコメントではなかったから、僕のほうがびっくりしてしまった。

僕が死ぬタイミングで、いや簡単には死ねない。。。

「これから、みんなに何を残そう。何を残してあげれるか?」

それが、これから残りの人生のミッションだな。

自己破産をするびとの周りの人たちの反応は、様々だと思う。

今回、僕は気持ちの面で家族に救われた。

「みんな。うまくは言えないが、ほんとに理解してくれて感謝しています。」

受け止めてくれた家族に対して、反対にもっと理解をしなければならないとも思った。

すぐ、復活するから、手を繋いで、またバリ島行くよ!