自己破産すると車は?じきすぐ破産者からの助言

car自己破産すると車は?

じきすぐ破産者

からの助言

 

そう。車は自分名義だと少々厄介だ。

ローンで購入している車の場合、自己破産の手続きを進行中、どっちにしろローンを払えない、払わなくなる。

押さえ込みそうすると、即仮差押が行われ、ローン会社からの押さえ込みされる。

どうしても車が仕事で必要。ということであれば、車の価値を99万円以下で査定してもらうしかない。

もちろん他に貯金や財産はないこと前提。他に財産があれば、すべての合算で99万以下で抑えること。

でも、先ほどの不払いローンでローン会社から押さえこまれた場合は厄介。

すべての手続き、免責決定を受けたあと、一括で支払う必要が出ると思う。

自己破産すると決めた時には、自分以外の人(家族)の名義でローンを組み替えるしかない。

財産隠しといわれようが、家族が必要と言って、破産後こうなることを家族が認識して、僕から家族が買ったというしかない。

「最高の結果」はすべてを 「捨てた」後にやってくるまぁ。でも。自己破産するんだから、破産前のものは

すべて捨てて

心機一転を僕はおすすめするが。。。

 

 

ゼロ円

僕の場合、車とバイクがあった。

残念ながら、

車の査定0万円。特別に1万円。

バイクの査定。不可能。

だったから心配ない状態ではあった。

 

 

他には、任意保険の関係で、カミさん名義の車。僕名義じゃないのでこの車は問題ない。

 

自己破産 ローン 問題 家族との溝 住宅 は?

自己破産 ローン 問題 家族との溝

mizoうちは関係ないと思っていたが、関係あった。最近では小さなことでいつも大きめの喧嘩になる。

住宅ローンに関して、僕が自己破産を行うと、妻が連帯保証人となっている為、妻へ取り立てが行われる。

ヤミ金の取り立てではないので、きついものではないが、本人はきつそうだ。

 

 


ストレスストレス 不眠症 体調不良

しかも

更年期障害

 

も重なって、カミさんを襲っている。

現在僕は申し立て直前で、銀行へは申し立てる旨、妻は銀行へ話しているはずなのだが、今今のタイミングで、現在支払いをストップし、僕が代表の会社の借金にて仮差押中の住宅のローン分を支払えば名義は変更可能と言っていると、妻から聞かされた。

実際銀行員がいった内容はこれだ。

「旦那様のローン分をお支払いいただければ、名義の変更が可能ですので素早くお支払いください」

はぁ?

意味不明。。。

僕の住宅を仮差押している銀行は「み○○銀行」そして、住宅ローンも「み○○銀行」

2重で払わせる算段としか考えられない。もしくは僕が隠し財産をして出してくるのを待っているのか?

もちろん、現在僕は「からっけつ」の状態。

僕がいくら、カミさんへ

tujituma「その銀行か銀行員おかしい。まるっきりつじつま合わないし、今のタイミングだとお前(カミさん)が借りて俺のローン分支払っても、会社の仮差押あるから払えって言われるよ。」

といっても

大手銀行の銀行員の言葉と、ほぼすぐ破産の僕の言葉では信頼度が銀行員のほうが上らしい。。。

この話をするたび僕の「まるっきりのだまし打ちにのるなよ」から始まり、「あんたが身の丈考えず借りるから悪いんでしょ。」

fight家族か異議(会議でなく異なる正義)

となってしまう。

でも。ちょっと今日は違った。

「あっ。わるい。これから破産する俺が言うのも何だけど身の丈ってなに?俺はフリーター?おまえフリーターの嫁さんだったっけ? 」

(沈黙。。。)

new_world「全部終わったら、やっぱ俺新しく会社作るよ。そして、今までの失敗は受け止める。もちろん、自分にも他人に甘かったことも認める。これからは他人のことは考えないで私利私欲のために金稼ぐ。その過程で、またお金貸してくれる銀行が現れたらもちろん借りるよ。身の丈増やすために借りたんだから、俺にはお前の言う、身の丈わきまえて借りないから?というのが意味がわからない。」と一方的に喋って今日を終えた。

 

ちょっと熱くなっていたため、私利私欲に関して自分以外の家族の為とは言ってない。。

そこで今日を終える前に、愛するカミさんへ。いや以前よりまして愛しているカミさんへ一言、感謝しておこう

love「ごめんね。いつも心配、苦労かけてることはわかってる。」

「お互いふける前に、ゆっくりできるタイミングすぐつくるから。」

なかなか、面と向かって言えない。。。

だって、いまの僕の言葉には信頼も責任もないから。。。

リセット後、ヤルぞー!

 

このブログの存在自体カミさん全く知らないので、いろんなことがかける。これから言葉にできなかったらこっちに書き留めておこう。

自己破産前 制限(実情)とやれること明日があるさ。明日がある。

自己破産を決めて申し立てから免責決定までの間での制限ややれることを書いてみよう。

まだ、自己破産 申し立て前のみの経験なので、今回は破産申し立て前のみ。

今後その都度都度のタイミングではシリーズ化していこう。

自己破産 申し立て前

制限制限

  • 借入(もちろんできない)
  • 口座凍結(銀行への返済がある場合、その対象銀行の口座は凍結される)

 

 

やれることやれること(実情)

  • 通常の生活。(どちらかというと、このタイミングで仕事があれば実際いままで支払って生活を圧迫していた返済がなくなるので、経済的には少々の余裕が生まれる。)
  • 仕事(貯金が100万円を超える場合超えた部分は、返済に当てられるらしい。ただしがあって、最近仕事したいと思い先生に質問したところ、給料として振り込まれ、生活している部分は対象外となるらしい。ただ、その後給料の支払いに関して差し押さえがあるので、職場へ話す必要があるとのこと。)
  • 旅行(海外旅行も含めて大丈夫らしい。だだし浪費はNGとのこと。必要な旅行と説明できればOKとのこと)
  • kiss大好きな人とのチュー時に機嫌が悪い時は、制限ありの方に入る場合もあるが特に制限はない)

 

 

 

 

明日があるさ。明日がある。明日があるさ

自己破産者の日記いろいろあるけど「罪なのか?自己破産」

自己破産者の日記いろいろあるけど、

「罪なのか?自己破産」

「その罪を忘れないようにしよう。」なんて書いてる日記、ブログが目につく。

ぽくは

「罪とは思わない」

次のステップいわば、次の人生(起業)を成功させるための

ステップ

だと思う

 

 

前記の「その罪を忘れないようにしよう」この発言はかなりキレイ事だと思う。

経営能力のない社長がおこした不祥事という意味では、

「そのとおり」

ではあるが、自己破産自体、罪ではないと思う。

僕の場合

「財産を取られるのは当たり前。これが罰というなら、罰を受ける覚悟を持って望んでいる。」

「望んでいた。」

あまりにも、「自己破産=罪」というブログが多すぎて、ついつい書いてしまった。

「その罪を忘れないようにしよう」といっている社長さん。数年したら忘れるだろう。

なぜなら、その言葉のウラに、チャラにしたことを喜んでるとしか感じ取れない。

 

忘れない

もちろん。

僕は忘れない

 

そして、免責後即、

再度、起業する。

 

 

 

これは、自己破産に向け、自己破産を許諾してくれた、家族や法律、債権者への恩返しだと思う。

そして、絶対に同じ過ちや二の足は踏まない。

それは、断念できる。

 

ちょっと今日は熱くなってしまった。

これから雪だというのに。。。。

さぁ寝よう。

 

 

 

自己破産と個人再生 そして起業家

今日は、

自己破産と個人再生

について触れてみようと思う。wikiの抜粋も下記につけておくが、難しすぎてわからない。。。

難しい

 

 

要約してしまうと、

自己破産

自己破産はすべての自分の財産は失う連帯保証をしていない家族の財産は対象外
今持ってる財産をお金に換価して債権者へ支払うことで、許して(免責して)もらう為の法律

個人再生

会社の民事再生同様、返済計画をたてることが可能な、個人および法人がその再建の返済計画にのっとって、個人および法人の経済面での再生を支援する為の法律
個人再生は、すべての財産を失わない為、持ち家も失うことはない。
というとこかな。

読者の起業家の方は知っていて損はないとおもう。

ひとりごと

 

僕のひとりごと。。。
「まったく。。。知るのがおそかったぜーーーー。」

 

 

 

----- from wiki -----
自己破産

財産をすべて失うこと。
債務者が経済的に破綻して、弁済期にある債務の総債権者に対して債務を一般的・継続的に弁済することができない状態にあること。また、そのような状態にある場合に、裁判所が選任する破産管財人によって債務者の財産を包括的に管理・換価して、総債権者に公平に配分することを目的として行われる法的手続。破産手続。
個人再生

個人再生(こじんさいせい)とは、日本国の倒産処理制度の一つであり、民事再生法13章の規定に従って個人(自然人)債務者の返済負担の圧縮と返済計画の立案とを支援する手続をいう。その目的は、個人債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し、もって当該債務者の経済生活の再生を図ることにある(同法1条)。
個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生との2種類があるが、同法の規定ぶりからいっても実際の申立て件数(司法統計によれば、平成17(2005)年度は小規模個人再生が21,000件弱、給与所得者等再生が6,000件弱)からいっても、小規模個人再生が原則的形態であり、給与所得者等再生は小規模個人再生の派生型といってよい。
----- from wiki -----

運命の分れ目 借金5千万円 自己破産 個人再生2

銀行のかしかた

銀行今思い出せば、銀行の貸方も、3千万4千万くらいで変わってきた。初回融資より簡単になってきたし、プロパー融資もかけてきた、「あぁあぁー。その時知っていたらなぁ」というのが、上の内容。。。

現業が忙しすぎて、全く法律気にしていなかった。返済する自信あったし。今の最悪の状態予測すらしなかった。

 

 

そういえばだけど、ちょっと前に、ホリエモンが「起業家は自己破産しろ」みたいなこと言ってたけど。そのとおりだけど、「犯罪者がいうなよな。僕は犯罪者じゃないし。」というのが

正直な気持ち

 

自己破産個人次回も時間がありそうなので、「自己破産」「個人再生」について、もうすこし書き留めておこう。

 

運命の分れ目 借金5千万円 自己破産 個人再生

問題

自己破産せざるおえなくなったのは、

借金5000万円を超えたから。

なぜ超えさせてしまったか?というところ。が問題だと思う

 

今日、現在、銀行はお金借りるところが少なくなっているため、貸したくてしょうがない。
保証協会の保証、いや銀行の保険と言おう。銀行の保険付きの貸付も結構まだまだ存在する。

役立つ情報これから書き留める記事はしっかり覚えていてほしい。

いま、まさに銀行からの借り入れのある方には知っててほしい情報。ナレッジになれば幸い。

 

いま、3000万借りてるという人は、あと2000万かりて、1年後のシュミレーションしてみるのもいい。
借りた資金を使って事業が伸びるなら、リスケジュールの依頼を銀行にして、ゆっくり返せばいい。
事業がうまく回らなそう、また、5000万以上借りている人は、なんとか5000万以下にまで、全体の借金を、法人向け個人再生で圧縮!という方法がある。

gatugatu起業家の皆さん。ガツガツいっちゃって!
失敗を恐れずに!

1億借りちゃってるから、だめだーという人は、僕といっしょに、官報に掲載されよう!
借り入れに関しては、7年後くらいで再チャレンジだね。

 

次回もこのネタ引っ張りまーす

自己破産 Xデイまでのまったりした時間

まだ、Xデイまで時間がかかりそう。。。
弁護士先生の時間の調整が難しいようだ。

xday

なので、少々過去を振り返る時間ができそうなので、書き留めてきたがだんだん飽きてきた。

今日は自己弁護しよう。

そもそも、僕が「自己破産」を選んだのは、借金1億万円を超えていたから!
いわいる、ノーチョイス!だ。選択肢がなくなってしまったから。
アメリカでは、自己破産しても結構、自己財産まで抑えこみ!一本!をとられず、自由に破産できる風土で、調べてみたが結構有名人が破産している。

アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンや、ディズニーランドのウォルト・ディズニーなどがいい例だ。

リンカーンdisney

ってことは、そもそも起業した場所間違ったな。僕。

人柱になったと思って、諦めよう。

自己破産!秒読み開始!

自己破産!秒読み開始!

自己破産 ついに秒読み段階へ突入!これから、終わりの始まりへ!そして、また始めます!

自己破産の選択をしてから数ヶ月!長かったような短かったような、得に何も変化なく過ごしていたのでそんな感覚だ!
自己破産直前直後の感情や、ファイナンス(ビジネス)での失敗点、過去を振り返ってこの記事仕上げていこう。

このページを知った人たちのナレッジになって、役立つ情報となったら幸い。と思ってる。

また、きっと僕も近いうち起業するだろう。その時読み返すために。

では。始めてみよう。