大寒波が来るらしい。僕の懐も大寒波中。

大寒波がやってくるらしい。

大雪になるのか?

僕の懐も寒波襲われまくって、からっ風が吹いている

大寒波に備えての蓄えがないぞ。。。

ほんと、

備えあれば憂いなし!

とは、よくできた言葉だ。

 

 

 

 

だが、しかし。今日は寒くなかった。

どちらかというと、日差しが気持よく、ぽかぽかだった。

うそだね。大寒波!

気を抜いてると大雪が来るのが一昨年の大雪

車にスコップは入れておこっ!

キャプテンスタッグ シャベル スコップ スチール FD バッグ付M-3249あとはダンボール

アイリスオーヤマ ダンボール ボックス DB-M1×10

結構大雪の時ダンボール重宝した!

滑ってるタイヤの前に突っ込んだら、スリップから脱出可能だった。

この技は何故か、うちのカミさんから教わった。

しかも、教えてもらった時、

あんた知らないの?

まで言ってのけた。。。

そのとき、

 

「僕は男の子だから押せるもん!」

といった覚えがあるが、一人で運転している時は果たしてスリップ状態から抜けれるのかは定かではないなっ!

まぁあ、まとめると、

今日は、とても気分のいい一日だった事は確かだねっ!

 

PS

youtubeでダンボール脱出動画探してみたけど、見つからなかったから大雪が来たら、動画とってアップしまーす!

 

今日は寒い。しゃぶしゃぶ行った。ニックネームは?

ニックネームは?

やっぱり肉!だよね。

肉いっぱい食ったあと、

クーポンサイトのニックネームは?

カミさんに聞かれた。

即!!と答え、苦笑いのアホ扱い

そんなやり取りも、ここ最近やれていなかったからなんだか嬉しい感情が!

最近またできるようになったアホトーク

 

平凡が一番」というのはやはりこういうことだろう。

ただ、平凡な生活をおくるため、非日常の生活(仕事)を来年はやる。

もう今年は残すところ2日。

正月は何もかも時間が止まる。

それまでに嫌なことは、今年中に投げ捨ててしまおう

どこに捨てに行こうかなっ。

俺には守るものがある!そう。男なら誰でもある

先日、僕の喧嘩相手プンプン鼻息荒げに、

「俺には守るものがある」

と言っていた。

彼には、仕事は定職がないから、多分家族のことだろう。

男としてそれは当たり前!

家族を守らない男は男じゃない!

とその時は思ったが、

まさに彼の言うとおりだ。

 

 

今の僕は、金銭面精神面家族を守っていないことを今まさに感じている。

 

 

 

打開までの道のりは険しいが、まだ僕には仲間と、僕のことを理解してくれ

今の苦労を背負いこんでくれているカミさんがいる。

いまさら地団太踏んでもしょうがない。

僕の関係者へ感謝をしながら、

ただ前と上を向いて歩いて行こう。

カミさん子どもたち満天の笑みを受けた生活がおくれる日まで、

持っている力をフル稼働していこう。

1日幾らあれば男は生きれるか?実験してみた。

1日幾らあれば男は生きれるか?

実験。

 

前提条件

  • 自己破産申し立て前
  • 家族の同意あり
  • 少々のバイトを行っている
  • 収入はカミさん管理
  • 月の小遣い3万円は確保している

この状態での実験

6ヶ月間の沿革

 1ヵ月目
  ついついコンビニでいらないものを購入
  3万円ギリギリで生きられた。
 2ヵ月目
  タバコをやめられないから、タバコ代を残すため
  コンビニでの買い物の自粛するがついついいらないもの購入
  3万円ギリギリで生きられた。
 3ヵ月目
  やっぱり、タバコをやめられない。VIPER(電子タバコ)を購入
  これが響いて3万円ギリギリとなった。
 4ヵ月目
  まるっきりキツキツは辛いし、今いらないものを購入
  しているのをわかってるのに購入している自分に激怒し
  コンビニいくのやめた。
  1万円ほど余った。
 5ヵ月目
  「1万余ってるなら、お金いいでしょ」とカミさん。
  小遣いもらえず3週間。意外ともった。
  3週間目、「お金頂戴」といい。「あっ。小さいの7千円しかない」
  7千円もらって、実際7,000円で終わった。
  えっ。なんかおかしくないか?
 6ヵ月目
  「余ってる?」とカミさん。「いいや。」僕
  「大丈夫?」とカミさん。「ダメ」僕
  現在、1万円で生活出来てしまっている。

いがいと、いらないものを購入しないと、お金がたまっていく。

来月からは、しっかり3万円もらって、法人設立費用貯めねば

と思う今日このごろ。

あぁぁっ。クリスマスと正月の出費忘れてた〜

 

自己破産 手続き完了までバイクのるのやめた

以前は、イライラがつのったら、バイク乗って

すっ飛ばしていたんだけど

 

やめてます。

今、事故ったら大事だし。

僕のバイクは、買い取り査定出したら、反対にお金取られるバイクだから、後でゆっくり乗ればいいじゃんという気持ちもある。

全部終わったら、どこまで行こうか考え中。

改造して、査定ゼロ円だから処分されないであろう、バイクちゃん。

来年ちゃんと動いてくれるかなぁ。。。

 

 

 

 

今、残ってる、僕の財産は、カミさん、チビちゃん。バイクちゃん。PCちゃん。

今、お金ないけれど。一緒に生きてくよ。

あれっ?

現金のこり

これだけで年越せたっけ?

自己破産 ローン 問題 家族との溝 住宅 は?

自己破産 ローン 問題 家族との溝

mizoうちは関係ないと思っていたが、関係あった。最近では小さなことでいつも大きめの喧嘩になる。

住宅ローンに関して、僕が自己破産を行うと、妻が連帯保証人となっている為、妻へ取り立てが行われる。

ヤミ金の取り立てではないので、きついものではないが、本人はきつそうだ。

 

 


ストレスストレス 不眠症 体調不良

しかも

更年期障害

 

も重なって、カミさんを襲っている。

現在僕は申し立て直前で、銀行へは申し立てる旨、妻は銀行へ話しているはずなのだが、今今のタイミングで、現在支払いをストップし、僕が代表の会社の借金にて仮差押中の住宅のローン分を支払えば名義は変更可能と言っていると、妻から聞かされた。

実際銀行員がいった内容はこれだ。

「旦那様のローン分をお支払いいただければ、名義の変更が可能ですので素早くお支払いください」

はぁ?

意味不明。。。

僕の住宅を仮差押している銀行は「み○○銀行」そして、住宅ローンも「み○○銀行」

2重で払わせる算段としか考えられない。もしくは僕が隠し財産をして出してくるのを待っているのか?

もちろん、現在僕は「からっけつ」の状態。

僕がいくら、カミさんへ

tujituma「その銀行か銀行員おかしい。まるっきりつじつま合わないし、今のタイミングだとお前(カミさん)が借りて俺のローン分支払っても、会社の仮差押あるから払えって言われるよ。」

といっても

大手銀行の銀行員の言葉と、ほぼすぐ破産の僕の言葉では信頼度が銀行員のほうが上らしい。。。

この話をするたび僕の「まるっきりのだまし打ちにのるなよ」から始まり、「あんたが身の丈考えず借りるから悪いんでしょ。」

fight家族か異議(会議でなく異なる正義)

となってしまう。

でも。ちょっと今日は違った。

「あっ。わるい。これから破産する俺が言うのも何だけど身の丈ってなに?俺はフリーター?おまえフリーターの嫁さんだったっけ? 」

(沈黙。。。)

new_world「全部終わったら、やっぱ俺新しく会社作るよ。そして、今までの失敗は受け止める。もちろん、自分にも他人に甘かったことも認める。これからは他人のことは考えないで私利私欲のために金稼ぐ。その過程で、またお金貸してくれる銀行が現れたらもちろん借りるよ。身の丈増やすために借りたんだから、俺にはお前の言う、身の丈わきまえて借りないから?というのが意味がわからない。」と一方的に喋って今日を終えた。

 

ちょっと熱くなっていたため、私利私欲に関して自分以外の家族の為とは言ってない。。

そこで今日を終える前に、愛するカミさんへ。いや以前よりまして愛しているカミさんへ一言、感謝しておこう

love「ごめんね。いつも心配、苦労かけてることはわかってる。」

「お互いふける前に、ゆっくりできるタイミングすぐつくるから。」

なかなか、面と向かって言えない。。。

だって、いまの僕の言葉には信頼も責任もないから。。。

リセット後、ヤルぞー!

 

このブログの存在自体カミさん全く知らないので、いろんなことがかける。これから言葉にできなかったらこっちに書き留めておこう。

風林火山 今の僕は山だな。長い人生の中のたったひとコマ

武田信玄はすごい。

勝手に納得しているが、今の僕に例えると

yama

動かざること山の如く、知りがたきこと陰の如く

そんな気分だ。

散々、風や林や火となって自由気ままな経営人生を歩んできた僕には、すべてのことを見つめなおすいい機会だ。

でも

でも、山は動かないけど主張している。

でーーーん。とおっ立って「俺は山だ!!」といっているようだ。

じっとして、山に入ってくる獲物を待つとしよう。

houkou

 

「長い人生の中のたったひとコマ」と僕が一人で悶々としていた時、さとしてくれた人(彼女)がいる。

「そうだ。たしかに破産への道筋は、長い人生の中のたったひとコマに過ぎない。」と感じた。

 

これからの人生、僕を諭してくれた、カミさんと僕の家族たちが笑って暮らせる世界を構築していかなければ。とひしひしと感じる。

今日は、遠出して焼き畑の匂いとともに感傷に浸っている。

よし。次回は、うちの妻が僕をさとし、

泣かした名言

をブログろう。