自己破産と個人再生 そして起業家

今日は、

自己破産と個人再生

について触れてみようと思う。wikiの抜粋も下記につけておくが、難しすぎてわからない。。。

難しい

 

 

要約してしまうと、

自己破産

自己破産はすべての自分の財産は失う連帯保証をしていない家族の財産は対象外
今持ってる財産をお金に換価して債権者へ支払うことで、許して(免責して)もらう為の法律

個人再生

会社の民事再生同様、返済計画をたてることが可能な、個人および法人がその再建の返済計画にのっとって、個人および法人の経済面での再生を支援する為の法律
個人再生は、すべての財産を失わない為、持ち家も失うことはない。
というとこかな。

読者の起業家の方は知っていて損はないとおもう。

ひとりごと

 

僕のひとりごと。。。
「まったく。。。知るのがおそかったぜーーーー。」

 

 

 

----- from wiki -----
自己破産

財産をすべて失うこと。
債務者が経済的に破綻して、弁済期にある債務の総債権者に対して債務を一般的・継続的に弁済することができない状態にあること。また、そのような状態にある場合に、裁判所が選任する破産管財人によって債務者の財産を包括的に管理・換価して、総債権者に公平に配分することを目的として行われる法的手続。破産手続。
個人再生

個人再生(こじんさいせい)とは、日本国の倒産処理制度の一つであり、民事再生法13章の規定に従って個人(自然人)債務者の返済負担の圧縮と返済計画の立案とを支援する手続をいう。その目的は、個人債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し、もって当該債務者の経済生活の再生を図ることにある(同法1条)。
個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生との2種類があるが、同法の規定ぶりからいっても実際の申立て件数(司法統計によれば、平成17(2005)年度は小規模個人再生が21,000件弱、給与所得者等再生が6,000件弱)からいっても、小規模個人再生が原則的形態であり、給与所得者等再生は小規模個人再生の派生型といってよい。
----- from wiki -----

運命の分れ目 借金5千万円 自己破産 個人再生2

銀行のかしかた

銀行今思い出せば、銀行の貸方も、3千万4千万くらいで変わってきた。初回融資より簡単になってきたし、プロパー融資もかけてきた、「あぁあぁー。その時知っていたらなぁ」というのが、上の内容。。。

現業が忙しすぎて、全く法律気にしていなかった。返済する自信あったし。今の最悪の状態予測すらしなかった。

 

 

そういえばだけど、ちょっと前に、ホリエモンが「起業家は自己破産しろ」みたいなこと言ってたけど。そのとおりだけど、「犯罪者がいうなよな。僕は犯罪者じゃないし。」というのが

正直な気持ち

 

自己破産個人次回も時間がありそうなので、「自己破産」「個人再生」について、もうすこし書き留めておこう。

 

運命の分れ目 借金5千万円 自己破産 個人再生

問題

自己破産せざるおえなくなったのは、

借金5000万円を超えたから。

なぜ超えさせてしまったか?というところ。が問題だと思う

 

今日、現在、銀行はお金借りるところが少なくなっているため、貸したくてしょうがない。
保証協会の保証、いや銀行の保険と言おう。銀行の保険付きの貸付も結構まだまだ存在する。

役立つ情報これから書き留める記事はしっかり覚えていてほしい。

いま、まさに銀行からの借り入れのある方には知っててほしい情報。ナレッジになれば幸い。

 

いま、3000万借りてるという人は、あと2000万かりて、1年後のシュミレーションしてみるのもいい。
借りた資金を使って事業が伸びるなら、リスケジュールの依頼を銀行にして、ゆっくり返せばいい。
事業がうまく回らなそう、また、5000万以上借りている人は、なんとか5000万以下にまで、全体の借金を、法人向け個人再生で圧縮!という方法がある。

gatugatu起業家の皆さん。ガツガツいっちゃって!
失敗を恐れずに!

1億借りちゃってるから、だめだーという人は、僕といっしょに、官報に掲載されよう!
借り入れに関しては、7年後くらいで再チャレンジだね。

 

次回もこのネタ引っ張りまーす