旅の終わりに。

旅の終わりに。

ようやく、僕の小旅が終わった。

一人の時間はやはり想像以上に、孤独だったことは確かだ。

東日本大震災被災地をめぐり、復興過程の地で勇気づけられ

絶景の景色に心が洗われた。

 

人間、一人では生きられない。

一人でやれることは、単純なことだけというのは改めて痛感した。

複雑なことをやれば、その反面大きい喜びが訪れる。

どっちを選ぶかは自分次第。

 

複雑なことをやっていこう。

その先の困難と喜びを得るために。

旅は終わった。

 

 

 

この小島で当分の間、ゆっくりしたいと思う。

 

痛む心のあと。心が洗われた。人の強さ。

今日、東日本大震災の傷跡の残っている、

南三陸に足を運んでみた。

 

町に入るなり、ダンプカーの往来の多さに圧倒されたが、45号線を下っていくと、残土処理施設ではなく、あたり一面整地していた。

海抜10メートル以上はあるところに至っても整地をしている。

当時の状況は僕は知らない。

 

だが、海の上は海苔漁の

ブイが湾いっぱいに広がっている

海側だけ見れば、大震災があったの?

と言えるレベルだ。

 

東日本大震災で僕のビジネスもほぼ壊滅してしまったと思っていた僕は、今日の今日まで「震災のせいで僕の運がなくなった」なんてことを考えていた。。。

 

今日。僕はそれは震災のせいではない。僕の考えは間違っていると確信した。そして反省した。数年前20年上の先輩が僕に言ったいた、「人は死ぬまで生きていく」という言葉が脳裏によみがえった。その先輩は去年なくなった。

 

 

自分の行いの甘さのせいで全ては崩壊した。

これが現実だ。

南三陸の漁場の海に浮かぶ、ブイの多さに

人の強さを感じた昼下がりだった。

 

海外へ需要と海外からの需要伸ばそう つづき

壁戻ってみたら、動きの鈍い社員がびっしり、この世の終わり?みたいな感じで待ってるし。。。計画停電対策何て言ってサーバーの電源管理だけしか仕事してないじゃぁん。。

 

だらだらと、1年2年。うーんやっぱダメ。縮小する。

リストラ

 

無駄金減らして、少々リストラ、不採算事業縮小しても。。足んない。まったく。だって、電源のオフオン部隊に数百万払ってたんだもぉん。建設的な物はできてるはずないよねぇ。

今思うと、サブプライム問題の時、大幅にリストラしておけば、今は違う業態かも知れないが存続できただろう。

海外へ需要と海外からの需要伸ばそう

めげずに海外需要海外からの需要伸ばそう

sinsai数社、日本の名だたる企業を連れて海外へ進出!数ヶ月後。。。。。
「はぁーーー、東日本大震災???なんじゃそりゃ!」

海外にいるタイミングで、日本で大地震。現地住民の情報では、
日本沈没」? 「日本が2つに割れた」?
なんて情報飛び交ってるし。うちの家族はどうなのさ。ちびっこだし。
そしてもちろん会社はどうなのさっ。

日本沈没

海外出張中の僕は、映画の「日本沈没」を思い出し、そわそわ。
ちびに電話ももちろんつながらない。
あの時は、結構ビビった。

おー。海外との需要供給の線も消えてしまう。。。

これは参ったぞ。